ムダ毛のケアをサロンやクリニックで受けている方の声として、脱毛の痛みが苦手ということが多くあげられています。
脱毛の痛みは、痛みの差はあっても確かにあることは間違いありません。

せっかく、ムダ毛のケアを受けてきれいなお肌にしたいのに痛みがあるのであれば、それが抵抗感になってしまいますね。

まず、痛みの程度を知る前に脱毛の種類を知っておく必要があります。

脱毛法には医療レーザー脱毛と光脱毛の2種類がある

これらの脱毛は、施術する場所によっても違いがあります。

クリニックで行うのが医療レーザー脱毛。

脱毛サロンやエステサロンで行うのが光脱毛。

どちらの方法も、脱毛したい部位に特殊な光を照射して行うことで、毛根組織が破壊されるので結果的に脱毛ができます。

仕組みが同じであれば、これらの脱毛方法の違いはなにかといえば、医療機関だけで行われることを許可されたのが医療レーザー脱毛であり、脱毛サロンなどで行う光脱毛は、医療行為ではないので医師でなくても行うことができるわけです。

医療レーザー脱毛は、医療機関でしかるべき医師による施術ではければならないのは、それだけ光の照射が強力です。

もちろん、それだけ脱毛の効果は光脱毛よりも高いのですが、それだけに痛みが強くなってしまいます。

個人差もありますが、強い痛みであるために脱毛が続けられない場合もあります。

いざ脱毛のレーザーを当てると・・・うおぅ!と、変な声が出ちゃうくらい痛くてびっくりしました。
え?
こんなに痛いの?
なんか今脱毛個所に変な電気が走ったよ?
そんな印象でした。
とにかく痛い。

参照:湘南美容外科の全身脱毛は痛い!!鞭で思いっきり叩かれたレベルでした。

あまりに痛みが心配になる場合、医療機関ですので麻酔を行いながらの脱毛も選べるのです。

麻酔をしてでも医療機関で脱毛を受けたいという方ももちろんいらっしゃいます。

なぜなら、それだけ医療機関でありその後のトラブルがあった場合でも脱毛後の相談でも医療的な見地からしっかりと対応してもらえるメリットが大きいからです。

治療が必要になったときでも、薬の適切な処方をしてもらえるのはなにより安心です。

しかし、麻酔を使うことに抵抗がある方や痛みが怖い方は、始めから痛みが少ない光脱毛を選ぶ方がおすすめです。

確かに、光脱毛は医療レーザー脱毛よりも弱い光ですので、お肌への負担も少なく痛みもかなり楽になります。

その代り、脱毛効果が弱いために何度か続けて行う必要性があることも知っておかなくてはなりません。

デリケートな肌質の方は、その点も考慮した上で一度に強い痛みを伴わない光脱毛がおすすめです。

現在では、医療レーザー脱毛と光脱毛でも、それぞれいろいろな脱毛器が開発されてより快適に受けられるものが導入されています。

痛みが少ないハイパースキン脱毛とは?

中でもハイパースキン脱毛は、従来の脱毛方法と異なる画期的な手法で注目されています。

(ハイパースキン脱毛を導入しているサロンはディオーネだけです。)

この方法は、発毛してから毛根を照射により破壊する従来の手法とは異なり、発毛因子の段階でその物質に直接照射をして行きます。

そのため、毛根へのストレスがなく痛みがほとんどないわけです。

ハイパースキン脱毛は、痛みがほとんどない状態でできるだけではなく、お肌の活性化まで目指せます。

そのため、デリケートな方、アトピーの方でこれまで光脱毛ができないといわれていた方も可能になったのは、朗報ですね。

ただし、ムダ毛があった状態で脱毛を行う感覚を持っている方が大半なので、ハイパースキン脱毛は、発毛する前の段階で行う方であり目に見えて発毛が起こらないというのは、実感が沸きにくい方もいるのは確かです。

この手法に慣れると痛みがほとんどないために、他の脱毛器による脱毛に戻れないという方も少なくありません。

この方法は、他の光脱毛と違い、1ヶ月に1度のペースで受ける必要があることは把握しておきましょう。

いずれにしても、痛みがほとんどない脱毛を第1条件として選ぶのであればハイパースキン脱毛がイチオシです。

医療レーザー脱毛、光脱毛にもさまざまな魅力ある手法がありそれぞれ独自のメリットがあるのは確かです。

来院ペースや来店ペース、効果の程度、料金プランを総合的に比較して、ご自身が納得のいく痛みの少ない脱毛方法を選ぶことをおすすめします。

これらの注目したいポイントの中で、はやり痛みの有無を気にする方は多いのが現状です。

脱毛の手法次第で痛みの差があることを把握した上で、慎重に選んでみるようにしてみましょう。